埋没包茎の人は包茎手術の前にダイエットしましょう

- 埋没包茎の人は包茎手術の前にダイエットしましょう

埋没包茎の人は包茎手術の前にダイエットしましょう

一見すると包茎のようにも感じられますが、実際には違った原因でそうなっていることもあります。
そのひとつに埋没包茎があります。
別な意味で健康を害するかもしれません。
早めの対処をおすすめします。

埋没包茎とは

埋没包茎とは、肥満体の人に多く見られる包茎のような症状です。
基本的には包茎ではありません。
つまり腹部の脂肪内へ陰茎が隠れた状況となり、一時的に包皮が被ってしまう状態です。
中年以降に現れやすいと言われていますが、若者でも珍しくありません。
理論的には包茎ではないため、手術や治療の必要はありません。
ただし陰茎が小さく見られてしまう、膣内への挿入も難しく外れやすい、性行為の体位が限られる、マスターベーションもしずらい、早漏や遅漏などの弊害もあります。

解決策はダイエットです

埋没包茎の理屈で考えれば、包茎手術を考える以前に最適な治療法はダイエットです。
肥満体を解消するだけで通常のように亀頭が顔を出してくれます。
なお中年になって性欲が衰えたり勃起しづらくなったと感じたら、その原因は肥満などの生活習慣病かもしれません。
糖尿病や動脈硬化などで血流が悪いことも要因のひとつです。
だからといってバイアグラなどのED治療薬を服用すると、心臓に負荷をかけて倒れるリスクもあります。
素人判断は止めて根本的な治療に取り組みましょう。

手術で治す方法もあります

埋没包茎に関しては、陰茎を長く引き出す手術が適用される場合もあります。
とはいえ肥満の状態を改善しなければ、術後も再発する可能性は否めません。
元々陰茎が短い人も埋没包茎になりやすいと言われています。
こちらもコンプレックスになりやすいですね。
ならばまとめて解消してもらうのもよさそうです。
また亀頭が小さい人も、埋没包茎のリスクがあります。
そういう意味では、亀頭を大きくさせる手術もあります。
クリニックでカウンセリングを受けてみましょう。

クリニックで相談してみましょう

肥満気味の人であれば、埋没包茎の可能性があります。
健康管理の意味も含めてクリニックで相談してみましょう。
悩んでいたのが嘘のように解消されることもあります。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP

Copyright © 2016 手術する必要性のある包茎とは?包茎手術について紹介! All Rights Reserved.