奇形の疑いがあれば包茎手術を含めた相談をしましょう

- 奇形の疑いがあれば包茎手術を含めた相談をしましょう

奇形の疑いがあれば包茎手術を含めた相談をしましょう

稀ではありますが、先天的に亀頭や陰茎に奇形が生じる場合もあります。
そのような場所は他人に見せないので、気づかない間に成長することも多いようです。
排尿しづらいなどの問題があれば、早めに治療を受けましょう。

先天性奇形も稀ではありません

陰茎全体に関する奇形として、亀頭が小さいこともあります。
この場合にはサイズの関係から、包皮が被ったままになってしまうことは否めません。
同様に陰茎が短いケースもあります。
極端ではありますが、亀頭が形成されていない、逆に複数あることも。
男性ホルモンの分泌が足りない可能性もあります。
それ以外の身体的問題はないか、チェックしましょう。
もちろん個人差があるので一概に奇形とは言えませんが、気になる人はお医者さんで相談してみましょう。


包皮輪狭窄性仮性包茎とは

明確な奇形ではありませんが、包皮の先端にある出口、包皮輪(ほうひりん)が狭いために仮性包茎となっているケースもあります。
これを包皮輪狭窄性仮性包茎と呼びます。
自分でむけば亀頭が露出されるので、自覚していない人も多いようです。
とはいえむいて勃起した際、根元に痛みがあれば、軽いカントン包茎の可能性もあります。
長く続くようであれば、こちらもお医者さんで相談してみましょう。
いわゆる仮性包茎では健康保険が使えません。
しかい重度の包皮輪狭窄性と診断された場合には、包茎手術に保険が適用されます。

後天性包茎もあります

仮性包茎だった人が後天的に真性包茎となってしまう場合があります。
ありえる原因は、間違った方法によるマスターベーションです。
包皮を必要以上に伸ばしてしまうことがあるようです。
亀頭を出さず自慰行為に励む性癖のある人は注意しましょう。
遅漏や不感症となり正常な性行為では射精に至らなくなるリスクもあります。
また何らかの理由から包皮に炎症が生じると、そこから包茎になる可能性もあるようです。
あまり無理なこと、アブノーマルな行為は避けましょう。

クリニックで相談してみましょう

他人に見せるものではないため自覚できないケースも多いですが、他人と違うと感じた場合には、クリニックで相談してみましょう。
早めに対処すれば、方法は多くあるようです。

次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP

Copyright © 2016 手術する必要性のある包茎とは?包茎手術について紹介! All Rights Reserved.