真性包茎であれば包茎手術を検討しましょう

- 真性包茎であれば包茎手術を検討しましょう

真性包茎であれば包茎手術を検討しましょう

最近ではネットから包茎に関する様々な情報を入手できます。
それに惑わされてはいけませんが、真性包茎の疑いがあるならば、包茎手術を検討してみましょう。
ただし不確かな噂に流されてはいけません。
信頼できる人の話を聞きましょう。

真性包茎とは

自分の先っぽが、開封前の魚肉ソーセージみたいになっていれば、真性包茎の疑いがあります。
つまり先端に小さな穴しかなく、勃起時にもそれが広がらない状態です。
20歳を過ぎても亀頭を覗けないならば、要注意です。

もちろん仮性包茎の場合と同様に、年齢を経るにしたがい解消されていくこともあります。
また意識して広げるように努めていれば、広がってくることもあります。
とはいえ無理をすると危険ですよ。

勃起時に痛みがあれば手術を検討しましょう

真性包茎であっても病気とは言えません。
排尿や射精が正しく行われていれば、あえて手術をする必要はないでしょう。
とはいえ勃起時に痛みを伴うのであれば、手術を検討してみましょう。
どんなことであっても、痛みがある状態は正常ではありません。

またパートナーが不安に思う場合もあります。

私は今の彼としか経験がなく、今まで気付かなかったのですが、皮? が剥けてないと思うのです。調べたところ仮性ではなく真性だと思います。2年近く行為をしていますが、皮が剥けている、という状況を見たことがありません。多分亀頭に皮がはりつき、本体?で皮が余ってる感じです。

引用元:真性包茎についてです。私は今の彼としか経験がなく、今まで気付かなかっ… – Yahoo!知恵袋

排尿後、包皮に残尿があれば、早めに対処した方が良いでしょう。
マスターベーションの際も、勢いよく射精できるでしょうか。
包皮内に尿や精液が溜まると雑菌が繁殖しやすくなります。
コンジロームを含めた性病の可能性もあり危険です。

不妊の原因になる可能性もあります

真性包茎の弊害として、亀頭の発達が損なわれるケースがあります。
先細りになってしまいます。
だからといって病気や奇形ではありませんが、精神的なコンプレックスにつながりますね。
ただし包皮と亀頭が癒着してしまう事例はあるようです。

包皮が邪魔をしていると、精子を勢いよく出せず子宮に到達できないことも多いようです。
これが妊娠できない原因かもしれません。
不妊治療の相談をする前に、こちらの治療を考えた方が近道であることも稀ではありません。

クリニックで相談してみましょう

真性包茎は病気ではありません。
とはいえ性病を含めて病気に罹るリスクはあります。
変に心配する必要はありませんが、一度クリニックで相談してみましょう。
手術をするにしても、適切な時期があるからです。

Similar Posts:

    None Found

△PAGE TOP

Copyright © 2016 手術する必要性のある包茎とは?包茎手術について紹介! All Rights Reserved.