仮性包茎なら包茎手術は不要です

- 仮性包茎なら包茎手術は不要です

仮性包茎なら包茎手術は不要です

包茎にも様々な種類があります。
自分の状態はどれか、それを正しく理解することが大切です。
例えば日本人に最も多いとされているのが仮性包茎です。
この場合は基本的に包茎手術は不要です。

日本人の8割は仮性包茎です

日本人の8割は仮性包茎!これは驚きの事実です。
言い換えると外人はどうなのか、知りたいですね。
とはいえ海外では、ほぼ宗教的な理由から、乳幼児期に割礼と呼ばれる儀式が行われます。
つまり人工的に包皮を切開、切除します。
一部の熱心な信徒を除いて、日本人の多くは割礼をしません。
それが仮性包茎の多さにつながっているのです。
そのため自分の状態を心配する必要はありません。
これが当たり前なので、まずはコンプレックスを取り除くことが大切です。

自分でむければ仮性包茎です

そもそも仮性包茎とはどのような状況なのでしょうか。
つまり通常は亀頭の上に包皮が被っていますが、自分でむける、勃起時にその状態を維持できる。
そうであれば仮性包茎です。
性行為を含めて日常生活に際しても何らの問題はありません。
基本的に生まれた時は、全員が包茎です。
すなわち子供の間は、亀頭を保護しておいた方が好ましいからです。
傷が付いたりすると大変です。
たまに知識のないお母さんが、我が子の包茎を心配して、無理にむいてしまうケースがあります。
これはある意味では危険です。
思春期まで待つべきでしょう。

仮性包茎は自然に治ることもある

中高生になると自分は包茎か、気になります。
実際にまだ包皮が亀頭を覆っているからです。
しかし仮性包茎であれば自然に治ることもあります。
20歳未満であれば、無理をすることはありません。
なお自分でむいた際、勃起すると締め付けられる感じがします。
とはいえそれを繰り返すと、包茎が改善されることもあります。
20歳前後であれば、そうやって自分で解消していく方法もあります。
変に手術を急いではいけません。

クリニックで相談してみましょう

仮性包茎であれば、基本的に手術を受ける必要はありません。
自然に治ることもあります。
とはいえ包皮が長い、早漏などコンプレックスになっているならば、クリニックで相談してみましょう。
適切な指導があるはずです。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP

Copyright © 2016 手術する必要性のある包茎とは?包茎手術について紹介! All Rights Reserved.