カントン包茎なら急いで包茎手術をしましょう

- カントン包茎なら急いで包茎手術をしましょう

カントン包茎なら急いで包茎手術をしましょう

包茎の中でも注意したいのがカントン包茎です。
痛みを伴いますし、最悪の場合には包皮や亀頭に障害が残る可能性も否めないからです。
もちろん素人判断は危険です。
自分の状況をまずは正しく把握しましょう。

カントン包茎とは

カントン包茎は、嵌頓包茎とも表記されます。
医学的には、腸が隙間などから飛び出してしまい元に戻らない状態が嵌頓です。
放置すると血流が悪くなり、最悪は壊死を起こします。
それが亀頭で起きているとしたら、怖いですね。
具体的には、仮性包茎のように包皮を自分でむくことは可能です。
しかしその状態で勃起すると、亀頭を締め付けてしまいます。
強い痛みがあります。
そのまま戻らなくなってしまうことも稀ではありません。

緊急手術の事例もあります

仮性包茎を自力で治す際、勃起すると痛みが走ります。
これも軽度なカントン包茎と言えるでしょう。
とはいえ繰り返すうちに、包皮や陰茎の柔軟性が生まれて包茎が治ります。
ほとんどの場合は問題ありません。
とはいえ性行為やマスターベーションに際して、激痛に襲われることがあります。
冷静になって勃起状態を収めれば解消します。
ただし焦るほどよけいに血が溜まります。
もちろん勃起していなくても痛みがあれば要注意です。
状況によっては緊急手術をする事例もあるようです。

健康保険が使える場合もある

基本的に包茎は健康を害する状態ではないため、手術をするにしても健康保険が使えません。
そのため費用のすべては自己負担です。
とはいえ重度のカントン包茎と診断された場合には、保険を使った治療が受けられます。
ただし一般的な泌尿器科で行わないと保険は適用されません。
メンズクリニックなどの包茎専門の医療施設であれば、初めから保険診療の認定を得ていないこともあるからです。
事前のカウンセリングに際して、こちらも確認しておきましょう。

クリニックで相談してみましょう

カントン包茎の疑いがあれば、死活問題です、早めにクリニックで相談してみましょう。
それによって性行為ができないならば、意味がありません。
急いで包茎手術をすべき事例も稀ではないからです。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP

Copyright © 2016 手術する必要性のある包茎とは?包茎手術について紹介! All Rights Reserved.